改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

続木和子の改訂版・子宮筋腫改善講座

「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」の特徴

紹介動画をご覧ください−−音が出ます

 

 

 「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」の作者・続木和子氏の説明によりますと、意外にも『病院では子宮筋腫を「改善」するための指導はありません』と強調しています。

 

 病院では、患者が貧血であれば造血剤を処方し、生理痛がひどければ鎮痛剤を処方します。しかし鎮痛剤は摂取しているうちに、効果が弱まりますので、その結果自然治癒力の低下につながっていくというマイナス面があります。

 

 筋腫を小さくする方法として、一時的に生理を止める合成ホルモン療法がありますが、合成ホルモンの使用を止めると、再び筋腫が大きくなり、そもそもホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

 ほとんどの病院で最終的に勧められるのは摘出手術です。しかし、あくまで対症療法としての摘出手術ですので、残念ながら子宮筋腫の根本原因を治療するものではなく、当然ですが、時間の経過と共に再発し、後々ひどい更年期症状などが待っているのです。

 

 続木和子氏の研究による「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」は、女性の身体にとって無理のない自然な方法である「ホリスティック栄養学」に基づいて子宮筋腫改善をはかることができます。

 

 講座の内容は「理論編」と「実践編」があります。「理論編」では、ホルモンについての知識、子宮筋腫が大きくなる原因、ピルや合成ホルモン療法との関係、子供や孫への影響などについて解説されています。

 

 実践編では、子宮筋腫を改善する食事と生活、その逆に子宮筋腫を悪化させてしまう食事について詳しく解説されています。良いもの、避けるべきものを、具体的に知ることが出来ます。

 

 14日終了後の取り組み方法については、それぞれの講座を実践し始めたタイミングによる違いが解説され、その後の継続実践方法ついて説明されています。

 

 

「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」監修者・続木和子氏

 

 「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」の監修者・続木和子氏は、米国ホリスティック・ヘルス・アカデミー卒業。ホルモンバランス・セラピストであり、日本サプリメントアドバイザー機構認定サプリメントアドバイザーの肩書通り幅広く活躍しています。

 

 続木和子氏の経歴を簡単に紹介しますと、26年間小学校の教師を勤められ、当時の定期健康診断では「子宮筋腫がありますが、特に問題はありません」と診察されていました。

 

 しかし、転勤でそれまでとは違う厳しい雰囲気の職場に入って2カ月が過ぎた頃に、ストレスを原因とするホルモンバランスの崩れがはじまり、半月しないでやってくる生理と10日以上も続く大量の経血に悩まされだしました。

 

 病院で処方された投薬治療を続けましたが貧血と膀胱炎、腰痛と腹痛は治まることなく、つらい身体状態でも、責任感がゆえに学校勤務を休むことをためらわせました。

 

 さまざまな病院で診察を受けましたが、「子宮筋腫は手術で摘出するのが一番」という説明と勧めを受け、抵抗はありましたが、大事な子宮と卵巣を摘出することになりましたが、その後、急激な更年期症状となり、苦しい体験が続いていくことになります。

 

 続木和子氏はそのような辛い経験をきっかけに、女性の身体とホルモンの関係に関心を抱くようになり、ホリスティック(自然治癒力)栄養学とホルモンバランス研究を20年という長きにわたって続けられ、その研究成果はこれまでに4000人以上の子宮筋腫を改善する実績となりました。

 

 研究活動としてアメリカでのガン自然療法学会に参加し、ガン・糖尿病などに効果のあるゲルソン療法という食事療法の創始者ゲルソン女子との交流をはかるとともに、世界的に有名なメキシコ・コントレラスがん病院で、がんの自然療法・食事療法の研究活動をされています。

 

 続木和子氏監修の「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を14日間実践しますと、最初に生理の改善を実感することができます。

 

 なぜ14日間かといいますと、生理に一番関係のある2つのホルモンの分泌が、14日間で入れ替わるためであり、この間にホルモンバランスの改善をはかります。

 

 続木和子氏の説明によりますと、ホルモンバランスが崩れることにより、子宮筋腫が大きくなり、不妊の確立が高まり、乳ガン・子宮頸ガン・子宮ガンなどの発症率が高くなるとされています。

 

 このような症状を改善するために、ホリスティック栄養学に基づいた「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を実践することで、ホルモンバランスを改善することが出来ます。

 

 

「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」の体験者たち

 

 「改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を実践された方たちからは、数日で体調改善効果が得られた喜びの声が数多く寄せられています。
 とりわけ、子宮筋腫ばかりではなく、お肌の改善効果が同時に起きていることは大変興味深いところです。

 

●「先生、奇跡がおきました!」 40代愛知県の主婦
 子宮ガン検診で11.5pの子宮筋腫が見つかり、ネットでマニュアルを見つけて購入し、早速実践してみたところ、先ず便秘が改善し、一緒に実践していた母と共にセンナを捨てました。しかも生理の際のレバー状の固まりがでなくなり、不規則だった周期が28日周期に戻り、量もだいぶ少なくなってきました。MRIの検査をしたところ、3カ月前に11.5×11.5センチだった子宮筋腫が10×7センチまで小さくなっていました。しかも筋腫だけで卵巣は大丈夫なのです。この食事法を続けていけばきっと小さくなるのでこれからも頑張ります・・・・というコメントを寄せられました。

 

●「子宮筋腫がなおるわけがない」 と思っていた東京都の女性
 ソフトボールぐらいの子宮筋腫が見つかり、お医者さんから手術で取ったほうが良いといわれましたが、続木先生のプログラムを見つけて、当初「子宮筋腫がなおるわけがない」とは思いながら、手術しないで済むなら何でも試してみようとやってみました。するとそれまで生理の際の排便の痛みがなくなり、同じく排尿の痛みもなくなりました。1年ほどすぎて病院で検診を受けたところ、「筋腫は取るほど大きくない」と言われました。ときどき忙しくて外食したりカップラーメンなど多く摂取するとまた排便痛・生理痛が起きてしまいます。今後もプログラムを読み返し続けていきます・・・・というコメントをいただきました。

 

 販売サイトには、このほかにたくさんの実践体験レビューが紹介されています。プログラム購入者に対するサポート体制として、マニュアルご購入後の14日間+αのサポートメール、60日間の無料質問メール相談、全ての疑問を解決するQ&A集など多数のサポートプログラムが用意されています。詳しい内容については販売サイトをご覧ください。

 

 


  

  

  

  

  

  

  

  

  

ホーム RSS購読